環境への取り組み
PRINT

当社は、環境保全社会的責務として企業理念に提唱し、環境負荷の少ない事業運営を目指しています。

グリーン経営認証取得

東京国際コンテナターミナルは港湾運送事業分野において、当社グループ会社の宇徳ロジスティクス株式会社はトラック運送事業分野において、グリーン経営認証(交通エコロジー・モビリティ財団)を取得いたしました。これからも「安全」「確実」「迅速」に加えて「環境保全」の更なるレベルアップを図り、高品質なサービスをお客様に提供し、信頼構築と環境に配慮した企業を目指します。

太陽光発電設備 稼働開始

国内港湾施設初、民間で都内最大

当社は株式会社商船三井と共同で、2007年3月より東京・大井コンテナターミナルに太陽光発電設備を導入し、「東京国際コンテナターミナル 太陽光発電所」として以下のとおり稼働しております。当社および株式会社商船三井は、今後も本コンテナターミナルにおいて関係者の協力を得ながら、種々の環境対策を講じていく予定です。

太陽光発電設備 概要(参考)

(1)名称 東京国際コンテナターミナル 太陽光発電所
(2)設置場所 東京国際コンテナターミナル
(東京港大井コンテナ埠頭3・4号バース)
4号バース ゲート棟、および洗車棟の屋上
(3)設置面積 1,634.21m2
太陽光パネル(1,323mm×1,004mm)1,200枚
(4)発電容量 200kW
民間施設として都内最大規模
(5)年間発電量 185,398kWh
一般家庭約60世帯分に相当
(6)環境貢献効果 二酸化炭素削減量:128.09t-CO2/年
原油削減量:45,000リットル/年
森林面積換算:358,700m2(東京ドーム7.7個分)
ページトップへ