用語集
PRINT

ABC

Berth Term(バースターム)
積み地、揚げ地の船内荷役費を運送人が負担するという取引条件のこと。定期航路ではほとんどこの運賃条件になっている。
Bill Of Lading(B/L)
船荷証券、船社が荷主との間の運送条件を明示した運送書類、船社が輸送を引き受け、指定された港で正当な荷受人に貨物を 引き渡すことを約束した有価証券。
※(B/L)・(D/O)がないと貨物の引き取りができない。
Break Bulk Cargo(ブレーク・バルク・カーゴ)
通常、バラ荷、かさ高貨物のこと。最近ではコンテナ化できない貨物全般をいう場合が多い。
Bunker Adjustment Factor(BAF)
Bunker Surchargeとも言い、燃費の高騰(低落)があった場合の付加(割引)料金。
Chassis(シャーシ)
コンテナを載せるトラック、鉄道用の台車のことをいう。車軸および車輪懸架、振動等走行に必要な装置をもち、道路輸送の場合は専用のトレーラーによって輸送される。コンテナ専用トレーラーをシャーシと呼ぶこともある。
Co-Load(コーロード)
混載貨物をコンテナ1本単位にまとめるため、2社以上の輸送業者が協力すること。
Complete Knock Down(CKD)
半完成品。自動車の海外現地工場向け部品供給に呼称される場合が多い。
Conference(同盟)
ある一定の定期航路でそこに配船する複数の船社が安定サービスの提供を目的に、運賃、サービス等について協定を結んだカルテルのこと。
Consolidation(混載)
ひとつのコンテナに2種類、2荷主以上の貨物を積み合わせること。
Container Freight Station(CFS)
コンテナ詰めや混載を行う施設、もしくはLCL貨物を指すこともある。
Container Yard(CY)
コンテナを搬入して蔵置や、受け渡しをする施設、もしくはヤードに直接搬入できるFCL貨物を指すこともある。
Cost Insurance and Freight(CIF)
運賃と保険料込み条件の価格。保険料を除く場合はC&F(CFR)という。
Currency Adjustment Factor(CAF)
Currency Surchargeとも言い、通貨変動による為替差損(益)を調整する割増(引)料金。

DEF

Delivery Order(D/O)
船社が本状持参人への貨物の引き渡しを、ターミナル(CYCFS)オペレーターに指示する書類。
※(B/L)・(D/O)がないと貨物の引き取りができない。
Destination Delivery Charge(DDC)
仕向け港に到着したコンテナをコンテナ・ヤードの所定位置まで運ぶための費用(料金)のこと。
Dry Containers(ドライ・コンテナ)
一般雑貨輸送を目的とした密閉型コンテナ。冷凍や液体等の特殊貨物以外に供されるもの。
Empty Container Handling Charge(ECHC)
オフドックの空コンテナの取扱いにかかる諸費用の一部補填」が名目のサーチャージ。
Estimated Time of Arrival(ETA)
到着予定日(時間)のこと。
Estimated Time of Departure(ETD)
出発予定日(時間)のこと。
Feeder(フィーダー)
本船が直接寄港する幹線の主要港から別便で枝分かれした支線のこと。
Federal Maritime Commission(FMC)
米連邦海事委員会。
Foreign Access Zone(FAZ)
輸入促進地域。港湾や空港がFAZ認定されると、関連施設の建設・運営等に税制上の優遇や公共投資の重点部分を受けられる。FAZ各港(空港)は通常、第三セクター方式で輸入促進事業を進めている。
Forty Foot Equivalent Units(FEU)
40フィート・コンテナ換算。
Free on Board(FOB)
輸出サイドの本船渡し条件の積み価格のこと。受け荷主側が運賃、保険料を支払い、船積み決定権がある。
Free Time(フリータイム)
倉庫に貨物が搬入されてから一定期間保管料が掛からないこと。
Fuel Adjustment Factor(FAF)
船舶用燃料の価格変動が生じた場合に、その一部を荷主に負担してもらうためのサーチャージ。99年の燃料費高騰に伴い、アジア関係の4同盟・1協定が有名無実化しているBAFにかえて、コンテナ貨物に新たなフォーミュラによるFAFを導入した。
Full Container Load(FCL)
コンテナ1本を満たした貨物。

GHI

General Rate Increase(GRI)
運賃一括値上げのこと。
High-Cube Containers(ハイキューブ・コンテナ)
長さ40フィートの海上コンテナのうち、高さ9′6″のものを指す。また、最近は長さ45フィートのハイキューブ・コンテナも北米航路に投入する船社が多くなってきた。
Independent Action(IA)
同盟メンバーが単独に、運賃(あるいはサービス)を設定できる独立行動権のこと。
Inland Depot(インランド・デポ)
コンテナの内陸輸送ルートの接続・集配地点に位置するターミナル。内陸の港、もしくは貨物集配所と言える。
Interports(インターポート)
日本では極東・東南ア域内諸港、もしくは近海を指す。

JKL

Japan International Freight Forwarders Association(JIFFA)
社団法人日本インターナショナルフレイトフォワーダーズ協会。事務局:03-3279-0351
Less Than Container Load(LCL)
コンテナ1本に満たない量の貨物。
Letter of Credit(L/C)
輸入国側で輸入者の依頼により銀行が発行する信用状のこと。輸出入の手形、船積書類の提示に対して信用状の発行銀行が貿易商品代金の支払いを確約する。

MNO

Measurement Basis(容積建て)
貨物の容積で運賃料率を設定すること。
Mini-Landbridge(MLB)
北米西岸経由カナダ東部および米東岸・ガルフ向けの複合一貫輸送(船+鉄道)
Multi-purpose Ship(多目的船)
コンテナだけでなく重量物、長尺物等のブレーク・バルク貨物も合わせて積み取れる機能を持つ船型を総称して言う。セミコン船も同意語と解釈される場合もある。
Nippon Automated Cargo Clearance System(NACCS)
貨物通関情報処理システム。輸出入貨物の通関関連業務の迅速化、効率化を目指した官民一体のシステム。運営主体は通関情報処理センター TEL:03-3564-7221(http://www.naccs.jp/)。
Non-Vessel Operating Common Carrier(NVOCC)
自らは本船を運航しないが、集荷して輸送責任を負う利用運送事業者。
Off Dock(オフ・ドック)
港頭地域から離れた位置に設置される“内陸港”のこと。貨物の集配機能を有し、通関等も同時に行われるのが通例。

PQR

Polinet(ポリネット)
船会社、海貨業者、検量、検数業者の4業者間において、データ通信を介して船積み情報の相互通信を行う情報ネットワーク。
Prefix Code(プリフィックス・コード)
コンテナ容器がそれぞれ持っている識別記号。このコードと番号の組み合わせによってコンテナの“戸籍”が確認される。
Roll on/Roll off(Ro/Ro)
フェリーボートのように船側・船尾等のランプウェイ(入口)によって荷役できる貨物船。車輌の輸送に適している。

STU

Sea-NACCS
貨物の容積で運賃料率を設定すること。
Service Contact(SC)
船社(同盟もしくは盟外船)に一定量の貨物を保証する特定荷主に対し、一定期間、船社が割安運賃/サービスを提供する双務契約。
Shed(上屋)
主に港頭で、一時的に貨物を蔵置するための施設。在来船の輸出入貨物を搬入し、通関、保管を行う。
Siberia Landbridge(SLB)
CISのシベリア大陸横断鉄道を利用して、極東側と欧州、中東を結ぶ複合一貫輸送
Space Charter(スペース・チャーター)
相互の場合は複数の船社が互いに船腹を提供しあって同一航路でサービスを行うこと。個別配船に比べ、投入船腹の割に多くの配船便数を得られるメリットがある。また、単に一方的に他社の船腹スペースを借りる場合にも言うことがある。
Terminal Handling Charge(THC)
ターミナル内で発生するコンテナの取扱い費用についてのサーチャージ。通常、揚げ地、積み地の両方でかかる。
Through Bill of Lading(スルーB/L)
通し船荷証券のこと。複数の輸送人や運送手段を利用して、積地から揚地まで単一責任でカバーするB/L。
Transhipment(T/S)(トランシップ)
本船が直接寄港する港から他の港に貨物を積み替え輸送するサービス形態。
Transit Time(トランジット・タイム)
船積み地から特定の仕向け港/地点までの輸送所要日数(時間)。
Twenty Foot Equivalent Units(TEU)
20フィート・コンテナ換算。

VWXYZ

Waybill(ウェイビル)
B/Lのように有価証券の性格を有しない運送状。B/Lの紛失、盗難等の事故を解消する方策として考案されたもの。
Way-Ports(ウェイポート)
主体とする航路の両端の地域でなく、その途中に存在する港。ウェイポート・サービスはこうした途中寄港サービスのこと。
Weight Basis(重量建て)
貨物の重量単位で運賃料率を設定すること。
Yen Appreciation Surcharge(YAS)
円高損失補填料金。アジア関係の同盟・協定が円高対策でCAF(通貨割増料)にかえて導入した為替サーチャージ。

あ行

インターポート(Interports)
日本では極東・東南ア域内諸港、もしくは近海を指す。
インランド・デポ(Inland Depot)
コンテナの内陸輸送ルートの接続・集配地点に位置するターミナル。内陸の港、もしくは貨物集配所と言える。
ウェイビル(Waybill)
B/Lのように有価証券の性格を有しない運送状。B/Lの紛失、盗難等の事故を解消する方策として考案されたもの。
ウェイポート(Way-Ports)
主体とする航路の両端の地域でなく、その途中に存在する港。ウェイポート・サービスはこうした途中寄港サービスのこと。
上屋(Shed)
主に港頭で、一時的に貨物を蔵置するための施設。在来船の輸出入貨物を搬入し、通関、保管を行う。
オフドック(Off Dock)
港頭地域から離れた位置に設置される“内陸港”のこと。貨物の集配機能を有し、通関等も同時に行われるのが通例。

か行

混載(Consolidation)
ひとつのコンテナに2種類、2荷主以上の貨物を積み合わせること。
コーロード(Co-Load)
混載貨物をコンテナ1本単位にまとめるため、2社以上の輸送業者が協力すること。

さ行

シー/エア
海上(船)と空輸(航空機)を継いで貨物を運ぶ複合輸送。
シャーシ(Chassis)
コンテナを載せるトラック、鉄道用の台車のことをいう。車軸および車輪懸架、振動等走行に必要な装置をもち、道路輸送の場合は専用のトレーラーによって輸送される。コンテナ専用トレーラーをシャーシと呼ぶこともある。
重量建て(Weight Basis)
貨物の重量単位で運賃料率を設定すること。
スペース・チャーター(Space Charter)
相互の場合は複数の船社が互いに船腹を提供しあって同一航路でサービスを行うこと。個別配船に比べ、投入船腹の割に多くの配船便数を得られるメリットがある。また、単に一方的に他社の船腹スペースを借りる場合にも言うことがある。
スルーB/L(Through Bill of Lading)
通し船荷証券のこと。複数の輸送人や運送手段を利用して、積地から揚地まで単一責任でカバーするB/L

た行

多目的船(Multi-purpose Ship)
コンテナだけでなく重量物、長尺物等のブレーク・バルク貨物も合わせて積み取れる機能を持つ船型を総称して言う。セミコン船も同意語と解釈される場合もある。
定曜日サービス
各寄港地への出入港曜日を固定したサービス。主要航路では、物流の完璧なコントロールを目指したサービス形態として定着している。
同盟(Conference)
ある一定の定期航路でそこに配船する複数の船社が安定サービスの提供を目的に、運賃、サービス等について協定を結んだカルテルのこと。
ドライ・コンテナ(Dry Containers)
一般雑貨輸送を目的とした密閉型コンテナ。冷凍や液体等の特殊貨物以外に供されるもの。
トランシップ(T/S)(Transhipment)
本船が直接寄港する港から他の港に貨物を積み替え輸送するサービス形態。
トランジット・タイム(Transit Time)
船積み地から特定の仕向け港/地点までの輸送所要日数(時間)。

は行

ハイキューブ・コンテナ(High-Cube Containers)
長さ40フィートの海上コンテナのうち、高さ9′6″のものを指す。また、最近は長さ45フィートのハイキューブ・コンテナも北米航路に投入する船社が多くなってきた。
バースターム(Berth Term)
積み地、揚げ地の船内荷役費を運送人が負担するという取引条件のこと。定期航路ではほとんどこの運賃条件になっている。
フィーダー(Feeder)
本船が直接寄港する幹線の主要港から別便で枝分かれした支線のこと。
複合一貫輸送
船と鉄道/トラック、船と航空機等異種の輸送手段を組み合わせて、単一のB/Lで最終仕向け地まで一貫して輸送するサービス。
フリータイム(Free Time)
倉庫に貨物が搬入されてから一定期間保管料が掛からないこと。
プリフィックス・コード(Prefix Code)
コンテナ容器がそれぞれ持っている識別記号。このコードと番号の組み合わせによってコンテナの“戸籍”が確認される。
ブレーク・バルク・カーゴ(Break Bulk Cargo)
通常、バラ荷、かさ高貨物のこと。最近ではコンテナ化できない貨物全般をいう場合が多い。
ポリネット(Polinet)
船会社、海貨業者、検量、検数業者の4業者間において、データ通信を介して船積み情報の相互通信を行う情報ネットワーク。

ま行

盟外
同盟に所属せず独自の運賃で定期サービスを行うキャリア。インデペンデント、アウトサイダー等とも呼ぶ。

や行

容積建て(Measurement Basis)
貨物の容積で運賃料率を設定すること。
ページトップへ