• ホーム
  • /  社員紹介
  • /  D.T(プラント事業 / プラント工事部)

宇徳だからできる。
特殊車輌を駆使した、
スケールの大きな仕事。

2014年入社
プラント事業 プラント工事部
工事第二チーム

D.T

PROFILE

横浜・本牧生まれ。少年時代から「宇徳」が見える風景の中で育ってきた。進学した関東学院大学工学部では機械工学を専攻。宇徳入社後は、配属された技術部で施工の基本知識を習得。その後プラント工事部に異動となり、現在は橋梁工事などの現場にて施工管理に従事している。

社員インタビューINTERVIEW

REASON

私が宇徳を選んだ理由

仕事のスケール感に
「面白そう」と興味を持ちました。

私が宇徳を選んだ理由

「スケールの大きな仕事」をしたかったんです。大学時代に就職先を考えるにあたって、ゼネコンや橋梁メーカーなども選択肢としてありました。しかし最終的に選んだのは宇徳。長い歴史を持つ一部上場企業、という安心感もありましたが、面白そうと感じたのも宇徳を選んだ理由でした。

私が面白そうだと感じたのは、大きな橋梁などを、特殊車輌を使って運搬し設置するという仕事のスケール感です。元々宇徳=港湾の物流、というイメージしかなく、プラント事業のことは知りませんでした。しかし会社説明会などを通じて、そのような宇徳ならではの仕事を知っていくと、どんどん興味が湧いてくるのを感じました。

MY WORK

宇徳での私の仕事

サポートしてくれる仲間がいる。
だから、大きな仕事ができる。

宇徳での私の仕事

特殊車輌、テーブルリフトを使った橋梁工事等の現場で、施工管理をするのがプラント工事部の仕事です。私の役割はまさにその施工管理者。現場の皆さんに指示を出し、現場を動かし、最終的に橋がかかってお客様に引き渡せた時、大きな達成感を感じますね。超重量物の運搬がともなう案件など、宇徳でしかできない仕事をやり遂げて、お客様から「さすが宇徳だね」と声をかけて頂いた時なんて最高です。

人に動いてもらうには、相手の意見をしっかり受け止める、たくさんの人とオープンな姿勢で話すようにすることが大事だと思っています。そうした気配りを行い、現場がうまく安全に回るようにすること。それが私の重要な役割です。私自身、人と話すのが好きなので、キャラクターに合っているかも知れません。

施工管理者の仕事は、どうしても休みが不定期になる時期があります。ときにはプライベートと仕事との両立に悩むこともありました。正直つらい時もありましたが、宇徳には助けてくれる仲間がいます。子どもが産まれる時、石川県の現場にいたのですが、なんと急遽仕事を代わってくれる同僚がいて、おかげで妻のもとに駆けつけることができました。大変な時にサポートしてくれる仲間がいることは、本当に幸せですね。

RECOMMEND

宇徳のここがおすすめ

自分たちの仕事が、
一晩で街の風景を変えてしまう。

宇徳での私の仕事

超重量物をはこぶ物流。それを現地に据え付けるプラント。輸出入のかなめ石となっている港湾。それらの事業間を超えた大きな仕事ができるのが宇徳の素晴らしいところだと思います。なかなかひとつの事業だけではできないような、スケールの大きな仕事に携わることができます。街に橋梁をかけると、一晩にして人々が見る風景が変わる。そんな仕事ってなかなかないですよ。

あと宇徳で誇れるのが、人のあたたかさ。困ったときに助けてくれる人たちがたくさんいます。また自分の意見が上の人に通りやすいのも良い点です。風通しが良いですね。

FUTURE

これからの自分

今後は、特殊車輌を活用するスキルを高め、工事の幅をひろげていきたい。重量物の運搬や施工について「日本最高の技術を持つ宇徳」という誇りをもって、技術を後輩に伝えていくこともしたいです。リーダーシップをもって取り組んでいけるようにしたいですね。

横浜のここが好き
MY FAVORITE

横浜のここが好き

学生時代は野球サークルでピッチャー・サードを守っていました。今でも野球好き。宇徳の野球チームにも所属しています。そんな私の好きな横浜は、やっぱり横浜スタジアムですね。