JA / EN

JA / EN

東京国際コンテナターミナル

東京国際コンテナターミナル

東京国際コンテナターミナル(TICT)は、1971年の開業以来、世界各国との航路に就航する船会社の定期コンテナ船の荷役に従事し、コンテナの累計取扱数は2003年に1,000万TEU、2018年に東京港で初めて2,000万TEUに到達しました。
2015年には取扱い増や本船大型化に対応するため、ツインスプレッダー方式の大型ガントリークレーンを導入し、現在東京港における最大船級である14,000TEU型本船に対応可能な東京港唯一のサービスを提供しています。さらに国内港湾施設では初の太陽光発電設備やハイブリッドの荷役機器を導入し、環境負荷の少ないターミナル運営を図っています。

最新スケジュール

最新詳細スケジュールは、変更および確定となった場合更新いたします。

書類ダウンロード

  • 国際運送途上の免税コンテナ返送願書 PDF Excel
  • デマレージ作成依頼書 PDF Excel
  • ターミナル内雑料金一覧表 PDF

施設概要

  No.3 No.4
岸壁長 354m 330m
水深 -15m -15m
面積 143,500m2 133,700m2
最大蔵置個数 8,495TEU 7,055TEU
冷凍コンテナプラグ 351Units 775Units
搬出入ゲート 18Lanes
最大約15,000TEU蔵置可能な東京国際コンテナターミナル

最大約15,000TEU蔵置可能な東京国際コンテナターミナル

一日約1,500個のコンテナが搬出入ゲートを通過

一日約1,500個のコンテナが搬出入ゲートを通過

20フィートコンテナを2個同時に吊り上げる、ツインスプレッダー式のガントリークレーンを導入

20フィートコンテナを2個同時に吊り上げる、ツインスプレッダー式のガントリークレーンを導入

BACK TO TOP